鍼灸と整う体 くるり

逆流性食道炎でお悩みの方へ

食道炎

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは、胃から食べ物や胃酸などが食道へ向けて逆流し、食堂壁の 粘膜が荒れることで炎症を引き起こす症状です。
食後のむかつきや胃周辺部の痛み、横向きに寝る姿勢になると胃酸などが逆流 し、吐き気を感じます。
食生活の乱れ・喫煙・ストレス・食道裂孔ヘルニア・妊娠や便秘による腹圧の 上昇などが原因と言われることが多いです。
食生活指導や胃酸を抑える薬などによる療法が一般的です。
その逆流性食道炎、繰り返していませんか?
もしくは、一向に変化がなく薬を手放せなくなっていませんか?

一時的な療法ではなく、「あなたの逆流性食道炎の原因」にアプローチするこ とが大切です。

逆流性食道炎の原因は、一つとは限りません

体の歪みから、骨盤や背骨が歪み腹部の圧迫を起こしているケース
同じく体の歪みがから、横隔膜へ圧迫が起こり食道裂孔が歪んでいるケース
周囲の臓器の疲労から機能低下を起こし、胃に負担がかかるケース
自律神経がストレスの影響で乱れ、ホルモン分泌が乱れてしまっている など、人それぞれ原因になるものが違います。
根本原因を無視し、一時しのぎ的に抑え込んでも、長期化・重症化、再発や他 の症状へと変化していく恐れがあります。

当院でどのような方法で施術するのか?

鍼灸と整う体くるりでは、自律神経調整の整体を専門にしています。
独自の検査法を用いて、症状の原因を探します。
やみくもに施術を施しても、体へ負担を掛けるだけです。
見当違いな施術にならないように、検査に時間をしっかりと割きます。
「全身の歪み」「内臓機能」「自律神経のバランス」「重心のズレ」 をしっかりと検査いたします。

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経を指します。
この2つの神経がバランス良く働くことで、生きる上で必要な生理機能を調整 してくれています。
生理機能とは、呼吸・発汗・体液循環・消化・排泄・睡眠・生殖機能・内分泌 機能(ホルモン)・免疫機能等です。
この自律神経を整え、自然治癒力を高めていただきます。

症状を抑え込むことと、症状の根本を見つめることは大きく違います。
あなたが自然治癒力を高め、お体と向き合いたいと感じましたら、ぜひお声を かけてください。あなたのお力に必ずなります。