鍼灸と整う体 くるり

更年期障害でお悩みの方へ

更年期障害

そもそも更年期障害とは…

女性に多く、閉経を迎える前後で諸々の症状や、お身体の異変が起きます。 更年期障害は、年齢を重ね流ことにより、女性ホルモンの分泌量の変化に伴い 、「冷え」や「のぼせ」のような症状が起きます。 個人差はありますが、適齢期を迎えた際にご経験のある方がほとんどではない かと思われます。
ただ、更年期障害と言っても症状には個人差があり、辛い更年期障害に悩まさ れる方から、軽い症状で寛解される方まで様々です。

では、なぜ更年期障害が起こるのか?

それは自律神経の乱れか起こる、ホルモンバランスの変化です。
自律神経は、交感神経と副交感神経という、2つの神経が互いにバランス良く働き合うことで、生理機能を維持してくれています。 生理機能とは、呼吸・発汗・血流・血圧・消化・睡眠・免疫等の生きる上で必要な機能です。

自律神経は、内臓の調整やホルモンの分泌も担っている働き者の神経です。 この、自律神経が乱れの差が、更年期障害の症状に個人差が現れると考えます。
臨床の経験上、ストレスを常に感じていたり、強いストレスを受けたり、心身 ともに疲労がたまると、自律神経は徐々に乱れていきます。
自律神経はストレスにとても影響を受けやすいものです。 食べ過ぎや・飲み過ぎ、過労、不眠などの肉体的なストレス。育児、仕事、人間関係などの精神的なストレス。
何気ない日常の中で、少しずつ自律神経はダメージを受けていきます。
更年期障害は、「年齢だから」や「そういうものだから」で済まされてしまう ケースをよく聞きます。果たしてそうでしょうか?

当院でどのような方法で施術するのか?

鍼灸と整う体くるりでは、自律神経調整の整体を専門にしています。
独自の検査法を用いて、症状の原因を探し、内臓や頭部へ無痛の優しい整体で調整を行い、乱れた自律神経のバランスを整えていきます。
女性ホルモンの乱れは、脳や生殖器だけでなく、周辺の臓器へも影響を与えます。辛いまま時間が過ぎるのを待たずに一度ご相談ください。 症状を抑え込むことと、症状の根本を見つめることは大きく違います。
あなたが自然治癒力を高め、お体と向き合いたいと感じましたら、ぜひお声をかけてください。あなたのお力に必ずなります。