鍼灸と整う体 くるり

顎関節症でお悩みの方へ

顎関節症

顎関節症とは…

顎関節症とはその名の通り、顎関節にて何らかのトラブルが起こり痛みや関節 雑音と呼ばれる音が鳴ります。

顎関節症は外傷性・内因性など症状が起こる原因は様々です。
外傷性の原因とは、お顔や頭部に強い衝撃を受けることで、顎関節に歪みが発生し症状が現れるケースがあります。お顔の歪みを整え、かみ合わせなどを調 整することで改善が望めます。

内因性の原因とは、精神的なストレス等により知らず知らずのうちに食いしばる癖が付いていることや、夜間睡眠時に食いしばり・歯ぎしりを毎日繰り返し ているうちに顎関節へ負担が掛かり発症するケースもあります。

また、顎関節症は外傷や内因性の問題だけでなく、ホルモンバランスの乱れなどからも起こると言われます。 その場合ですと、女性の方が発症されることが多いです。

一般的に、顎関節症の調整にはマウスピースが用いられることが多いです。 それ以外には、首や肩のマッサージや矯正、痛み止めの服用などが挙げられま す。

ですが、顎関節症という結果にのみアプローチされた対処法ばかりでは、症状 の深さ(重症度)・期間などによっては改善が望めないことや、繰り返す顎関 節症になりかねません。
顎に負担が掛かり、首回りの筋肉が硬くなり、首の歪みが起こるということは、それらが起こる原因が体のどこかで起きているということです。

鍼灸と整う体くるりの考えでは、自律神経の乱れが原因で顎関節症が起こり、 また改善し辛いと考えています。

当院でどのような方法で施術するのか?

鍼灸と整う体くるりでは、自律神経調整の整体を専門にしています。
独自の検査法を用いて、症状の原因を探します。
やみくもに施術を施しても、体へ負担を掛けるだけです。
見当違いな施術にならないように、検査に時間をしっかりと割きます。 「全身の歪み」「内臓機能」「自律神経のバランス」「重心のズレ」をしっかりと検査いたします。

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経を指します。 この2つの神経がバランス良く働くことで、生きる上で必要な生理機能を調整 してくれています。

生理機能とは、呼吸・発汗・体液循環・消化・排泄・睡眠・生殖機能・内分泌 機能(ホルモン)・免疫機能等です。
自律神経が乱れると体の重心がズレ、歪みを起こします。その歪みを起こす自 律神経の乱れを放置していると、症状が重症化していきます。 自律神経を整え、痛みのない鍼灸と整体で自然治癒力を高めていただきます。


症状を抑え込むことと、症状の根本を見つめることは大きく違います。 あなたが自然治癒力を高め、お体と向き合いたいと感じましたら、ぜひお声を かけてください。あなたのお力に必ずなります。

お客様の声1 お客様の声1
お客様の声1 お客様の声1
お客様の声1 お客様の声1
お客様の声1 お客様の声1
お客様の声1 お客様の声1
お客様の声1 お客様の声1
お客様の声1 お客様の声1
お客様の声1 お客様の声1
お客様の声1 お客様の声1
お客様の声1 お客様の声1
お客様の声1 お客様の声1